【必見】コロンビアで流行りのぽっちゃり美術館

コロンビアの芸術家フェルナンド・ボテロ TRAVEL

突然ですが、コロンビアで今流行りのぽっちゃり美術館をご存じですか?

コロンビアは多くの芸術家を輩出してきた国でもありますが、その中でもコロンビアといえばこの人という芸術家がいます。

コロンビアの巨匠「フェルナンド・ボテロ」です。

彼の作品が他の芸術家と違う点は、人間も動物も”ふくよか”な体型で表現したことです。

コロンビアの芸術家フェルナンド・ボテロ

こんな感じで馬も人もぽっちゃりです。

なかなかシュールで芸術が嫌いな人でも楽しめる作品が多いと思います。

昔から国民に愛されている芸術家フェルナンド・ボテロですが、近年観光客にも人気で現地の人にも必ず行くべきだとおススメされるほどです。

実際私も行ってみましたが、独特でおもしろい作品が多くて非常に楽しかったです。

ここでフェルナンド・ボテロの人物像を少しだけ載せておきます。

フェルナンド・ボテロ

彼は1932年にコロンビアのメデジンで生まれ、芸術資産とはかけ離れた貧しい幼少時代を過ごしました。

若くして画家を志して渡欧し、当時のルネサンス芸術の影響を受けました。

マドリードのサン・フェルナンド美術学校で学び、フィレンツェでフレスコ技術を取得。

1974年以降はニューヨークに在住し、世界各国でアトリエを持ち野外展覧会や展示会を開催しました。

2005年には、アブグレイブ収容所での米兵による囚人の拷問と虐待を描いた50枚の絵画を発表し、世界中で注目されるようになった。

フェルナンド・ボテロの作品を集めた美術館Museo boteroはコロンビアのボゴタにあります

市内の観光地近くにあるのでアクセスしやすいと思います。

私が拝見したフェルナンド・ボテロの絵をいくつかどうぞ。

コロンビアの芸術家フェルナンド・ボテロ

全裸でベッドでみかん食べてる太ったカップルですかね(笑)

コロンビアの芸術家フェルナンド・ボテロ

全裸でババ抜き。。。男性だけ服着てるけど何か社会風刺的な絵ぽい。

コロンビアの芸術家フェルナンド・ボテロ

さっきのカップルが再び。

ちなみに。。。

この美術館は入場料無料なんです!

はい。旅人には最高の美術館ですね。

館内も撮影自由で、程よい広さなので1時間程度で見て回れます。

また、 ボテロの他にもダリ、ピカソ、モネといった巨匠達の作品も一緒に展示されているので合わせて観光することができます。

 

芸術が苦手な人でも楽しめる場所なので、是非コロンビアを訪れる際は立ち寄ってみて下さい。

ボテロの出身地であるメデジンにも彼の作品が展示されてる美術館があるので、メデジンのみ訪れる方もこちらをどうぞ。