【2022年】Swift学習におすすめのUdemyコース3選

desk1 CODE

今回はApple社が開発したiOS、Mac向けアプリ用の言語であるSwift学習におすすめのUdemyコース3つ紹介します。

Swiftは Apple製品向けアプリを開発する場合はほぼ間違いなく使い、iOS以外にも様々なものを開発できるので今後もシェアが拡大していく言語の一つだと思います。

【iOS14対応】未経験者がiPhoneアプリ開発者になるための全て iOS Boot Camp

udemy-swift1

Swift初学者やプログラミング未経験者におすすめのコースです。

 

プッシュ通知アプリ内広告の掲載方法、LINE、Twitter、Instagramへ投稿する方法地図を使う方法無料クラウドデータベース【Firebase連携】など37時間という圧倒的ボリュームとなっています。

React学習のための環境構築からエディタのインストール、プログラミングの基本的な部分から細かく教えてくれるので入門コースには最適だと思います。

また、現在最新のiOS、Xcodeのバージョンに対応しており、動画の更新頻度も高めなのでバージョン違いによるエラーなどが起こりにくいのも私が推すポイントです。

どれか迷った時はまずこれを受講してみてください。

このコースの対象受講者

  • はじめてSwiftを学習される方
  • プログラミングが初めての方
  • Firebase連携やXML解析など、Swift以外にも幅広い分野のスキルを身のつけたい方。
>> コース詳細を見る

 

【iOS開発】SwiftUIで実践的なiPhoneアプリを作成しながらプロの技術を学ぶ!Todoアプリを完成させよう!

udemy-swift3

SwiftUIの開発を重点的に学習できる中級者におすすめのコースです。

 

SwiftUIとは 2019年6月にAppleによって発表された新しいUIフレームワークで、従来のUIKitに比べてコードが少ないなどのメリットから今後主流になっていくであろうフレームワークの一つです。

このコースでは、Todoアプリを一緒に作り上げながらSwiftUIでの画面作成からデータの扱い方、デザインなどSwiftUIの基礎をしっかり学習できます。

SwiftUIはリリースされてから日が浅いので、これだけ体系的にまとめられている動画はあまりありません。

このコースの対象受講者

  • Swiftの基礎は理解できており、SwiftUIで開発効率を上げたい方
  • ストーリーボードやUIKit以外のSwift開発方法を学習したい方
>> コース詳細を見る

 

【初級~中級編】Swiftを使ってTinderのようなiPhoneアプリを開発しよう!【iOS】

udemy-swift2

SwiftでTinderのミラーサイトを作成しながら基礎からしっかり学習するコースです。

コース内容は非常にシンプルで簡単なスワイプ機能を実装する以外は、ほぼすべての時間をTinderアプリの開発に費やしています。

なぜこのコードがこうなるかの説明が細かいのでSwift入門者にも優しい内容だと思います。

メジャーアプリを模倣しながら学習する方法は最短の学習法だと私は思うので、実践的な開発を行いたい方は是非。

このコースの対象受講者

  • メジャーアプリのデザインや開発方法をピンポイントで学習したい方
  • Swiftの基礎学習を終えて実践的なアプリを開発したい方
>> コース詳細を見る